家づくりの知識

column

家づくりを考えた際に知っておいて頂きたい知識を随時、発信しております。

  • 設計について

風の通る家 1

風通しへのあこがれ

夏に家づくりの打ち合わせをしていると、風通しの良い家づくりを求められます。

夏は家の中に風を通したい!!と思うものですよね。

濃尾平野の風向き

気象庁のウェブサイトから、名古屋の月別の最も多い風向き抽出しました。

2010年から2015年までの5年間のデータですので、あくまでも最近の事例として参考にしてください。

これを見てみると、名古屋では年間を通じて北西〜北北西の風が一番多く吹いているのですが、

6月になると南東〜南南東の風が最も多くなり、この傾向が9月頃まで続きます。

こうやって見ると

南側の窓を大きくして室内に風を呼び込み、北側の窓から出て行ってもらう

という良くある家づくりは 夏には やはり効果的なんだと思えてきます。

ん? でも 普通の家が 風通しに効果が有るのなら、どうして こうも皆さん 通風、通風 とおっしゃるのでしょう。

風通しへのあこがれ を満たした家は本当にそれだけで満足した家づくりになるのでしょうか?

通風による体感温度

前真之博士によると、

「気流速度が上昇すると、だいたい0.5m/sごとに1℃許容できる空気温度が上昇する。」 そうです。

ただし

「1.0m/s以上に風速が増加しても快適性は向上しない。」 そうで、

「気流により期待できる温度低減効果は せいぜい 1〜2℃程度と考えるべきであろう。」 と

述べられています。 ※1

名古屋に吹く風の風速はどのくらいあるのでしょう。

月平均風速(名古屋)

単位 m/s

1秒間に だいいたい 3.0m/s弱 程度の風が平均して吹いているようですね。
この風が 部屋に入ってくるようなら、陽の当たる外部よりは 少しは涼しく「感じる」のでしょうね。

ただし、通風だけで 過ごせないほど暑い日もあります。
建て込んだ町中では その通風も期待できないことが有ることも 知っておいてください。

※1 「エコハウスのウソ」 前真之著 日経BP発行 より抜粋

メディアで紹介されました。ママ目線で建てる!自由設計の家 ママ目線で建てる!自由設計の家

お気軽にご連絡下さい。 Contact

家づくりについてはもちろん、建てるにあたって改善したいお悩みも聞かせてください。

お電話でのお問い合わせも大歓迎です
0568-48-4532
イベントについてのお問い合わせもこちらでお受けしております。